2015年06月03日

生活費はどう考えているの?

離婚の話し合いについては調停にしましょう

という奥さんからの申し出に、

わかりました、と答えたんですが、

そこからいろいろと話が始まりました。



以前から、娘の銀行口座を作って欲しい

と言っていたんですが、

その理由を聞かれました。

もちろん、娘のためのお金を入れておくため、

と答えると、すぐに、いくら?と質問が。



子ども自身へのお金を入れるつもりでしたが、

なんか、それもあてにされそうだったので、

養育費と言うことで3万円という話をしました。



そして、保険についてや、生活費の話、

そして、僕の収入の話になりました。

どんな仕事をしてるの、ということも聞かれました。



会社を辞めたということを伝えてから、

すでに半年以上過ぎていて、

何を今更、という感じもしましたが、

仕事の状況についても伝えました。



かなり、ガンガン質問されて、

こっちの話は半年以上スルーされまくったわけで、

胸の中はだいぶもやもやしてましたが、

努めて冷静に返事をしました。



奥さんは、娘が幼稚園に行きだしたら働こうと思ってる、

なんてことも言っていたので、

今の仕事について聞いてみると、

「働いてません。」という答え。



僕としては、生活費が足りない、というなら、

働いて何とかしようとするだろうとも思っていたので、

その答えに、ちょっと唖然としました。



要するに、自分から出て行ったにも関わらず、

僕の問いかけを無視するのにも関わらず、

娘の状況すら教えてくれないという状況においても、

僕が奥さんに生活費を渡すのが当然だ、

と思っているということです。



まぁ、愛情があれば、お金を出すのは良いんですが、

そもそも愛情が無くなったのでこういう事態になっているわけです。

何で払わなあかんねんって感じですよw

娘のためなら、いくらでも出してあげたいと思いますが、

それが奥さんに吸い上げられるのかと思うと。。。



娘を育ててくれていることには感謝しかないですが、

様子を教えてくれたり、写真や動画を送ってくれたり、

といったことくらい、してくれてもいいと思うんです。

会いに行くことも拒否されますし。



僕としては、早く離婚を成立させた方が、

母子家庭手当など国の補助も得られるし、

養育費も僕が義務的に支払うことになります。

一方で、僕は、面接交渉権を得て、

娘に会えると考えてました。



仕事の話に続き、奥さんから、

「生活費はどう考えているの?」

と、さらに払って当然だろという質問がきました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



離婚については、前述したように思っていましたし、

実際、収入も以前よりは減っていて、

僕自身の生活も厳しい状態だったので、

生活費は出せない、と答えました。



そこから、財産分与の話に移っていきました。





ところで、ダイエットなんですが、

順調に体重が減ってたんですが、

気づいたらモノが無くなってました(゚Д゚;)



で、リピートしようとも思ったんですが、

他のも試してみて、どう違うか実験してみようと思います。

これもブログで紹介されていて、気になってたのです。

ミキサー無しで即ダイエット



今なら、2800円相当のプレゼントも付いてくるみたいですね!




posted by たかみー at 11:56| Comment(0) | 離婚への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。