2015年06月12日

泣いて嫌がる

何を聞いても返事がない状態が、

なんと5ヶ月。。。

離婚協議書を専門家と作ってくれている

と、そう思っていたので、

返答を待っていましたが何の連絡もなく、

時間だけがあっという間に過ぎてしまいました。



年が明け、東京に出張することになったので、

その折に会いに行こうと考えました。



まず、出張の期間を伝えて、その期間の間の

都合の良い日を聞いてみました。

もちろん、娘に会わせて欲しいこと、

離婚協議書も見せて欲しいことも伝えました。



予想通り、返事はありません。



日にちは過ぎ、東京に出かける前日、

日時を指定して聞いてみました。

これで返答が無かったら、直接行こうと思ってました。



するとその翌日、それを察したのか、返事が返ってきたんです。

「子どもが会いたがってなくて、

泣いて嫌がっているので無理です。」と。



(゚Д゚ )ハァ?って感じでした。

水族館に行ったときも、あんなにパパ、パパって

一緒に遊んでずっと抱いてあげたりしてたのに、

そんなことはあり得ない、と思いました。



まるで信じられなかったので、

本当なのか?全く信じられない、と

そのまま聞いてみました。



・・・返事はありません。



これは一体どういうことなのか、

冷静になって考えてみました。



もし、この娘が泣いて嫌がっている

というのが本当なのだとしたら、

僕のことを悪者だと娘に教育している

としか考えられません。

でも、幼稚園に行き始めたばかりの娘に

それが理解できるとも思えません。



もしくは、怖い人が来るよ、

という感じで娘に言ったんでしょうか?

わざわざ、娘が怖がる事を言うなんて、

娘が可哀相です。



もし、そう言ったとするならなぜか、と考えると、

奥さん自身が僕に会いたくないから、

という結論になりました。



そうなると、娘が泣いて嫌がった、

というのも本当である必要は無くなります。

いや、嘘である可能性がかなり高いと言えます。



娘が言うことを聞かず、奥さんが怒り、

娘が泣いたのを見て、

それを理由としてこじつけた、

ということも考えられるでしょう。



奥さんからすれば、子どもの事を出せば、

僕が引き下がると思っているんでしょう。



つまり、子どもをダシにした言い訳です。

ヒドい嘘です。

個人的には、最低だと思います。



自分が会いたくないなら、

そう言えばいいと思います。



離婚の話ができたときは、

話ができて良かったと言っていたのに、

こちらからの問いかけは、全く無視。



奥さんは、僕の家族に対して常識が無い、

と言っていましたが、

常識のある人がする行動なんでしょうか?



とはいえ、拒否された言葉がある以上、

無理矢理押しかけるわけにもいかず、

東京から帰ってくることになったわけです。





ところで、ダイエットの経過ですが、

マイナス3.4kgになりました!

順調に体重が落ちていて嬉しいですね♪



やっぱり、あのとろとろ感がいいのかも!!!

腹持ちもいい気がします(^^)



この記事で書いたこれ、試してみて良かったと思います♪

http://godiv.seesaa.net/article/420051385.html?1434073444









posted by たかみー at 10:46| Comment(0) | 離婚への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。